男性機能の衰えを実感したらバイアグラジェネリックを利用するという選択肢

ヒトの肉体も一つのハードウェアです。
長年使い続けていると、各部に痛みが現れます。

特に仕事が忙しくなる25才から35才頃が大きなハードルになります。
そのハードルを乗り越えられず男としての現役を退いてしまう方々がいらっしゃいます。
高品質な仕上げと早い業務速度が同時に求められる昨今のデスクワーク、そのストレスによってうつ病やEDに陥る男性も珍しくありません。
仕事によるストレスそのものをゼロにする事は難しいでしょう。

我々に選べる選択肢は、「問題が起きた後、どう対処するか」という点のみです。
勃起不全は全ての男性にとって悲しい出来事、出来れば迅速に改善したいお悩みになります。
ED克服法として頻繁に推奨されるのが、食事面の改善です。
確かに毎日ファストフードばかりでは、男性機能にとっても良くありません。

新鮮な緑黄色野菜や根菜、栄養豊富な魚介類を食べておけば、男としてのスタミナが効率よく充電出来ます。
ただし、食事によるフォローには限界があります。
抽象的な表現ですが、「食事を良いものに変えることで、ある程度は改善出来る」というレベルに留まります。
EDの根本的な克服に繋がらないケースも多々あります。

栄養補給はあくまで一つのアイデア、自分の肌に合わなければ、専用のお薬に切り替えた方が無難です。
ひと昔前まで入手困難だと言われていた海外製医薬品も、今ではネットを使う事で手軽に比較検討し、オーダーする事が出来ます。
欧米製の医薬品はもちろん、超お買い得なインド製ジェネリック薬も頼めます。
インド製ED治療薬の中で、最近注目されているのがカベルタです。
その製品はいわゆるバイアグラジェネリックで、本家とかなり似た作用を持っています。
カベルタは本家バイアグラと同じ主成分を持っています。
そのため別商品でありながら、バイアグラとほとんど同じ使い方が可能です。
バイアグラ同様に性行為を始める60分に、それを使えば男性機能がアップします。

1回分が本家バイアグラに比べて、およそ5分の1前後の価格になります。
日本円に換算すると、1錠あたりの単価が130円から350円で入手出来ます。
些細な個人差、効用発現までの時差を理由にカベルタを使わないのは勿体無い事です。

多少先発薬に比べて待ち時間が掛かっても、それを事前に考慮し、早めに服用を終えておけば、全くデメリットがありません。
一度効果が身体に現れれば、その効果がキチンと4時間から5時間程度続きます。
ED治療薬の効果ピークは、60分から90分にかけて現れる事が多いです。

出来れば、そのピーク時に合うようにシャワーや着替えを済ませておきましょう。
また、上手く空腹時に服用を行っておけば、お薬の待ち時間を効果的に短縮出来ます。

Comments are closed.